宇治抹茶篇

第2回 #宇治 地元発信の魅力がいっぱい

宇治から聞こえたあたたかな「いらっしゃい」

休日は多くの観光客でにぎわう宇治の町。
平等院など歴史的な建造物も多く、昔から旅人が多く立ち寄る町でした。
地元の方は、いつでも笑顔で人々を出迎えてくれます。
今回はそんな宇治の人々、そして彼らがここの地で大切に守ってきたものをご紹介します。

とれたて通信専属レポーター

宇治の人々のあたたかなココロに触れました。

修学旅行以来の宇治散策ですが、あのときとは違う目線で、町と人と触れ合えるのが楽しみです。

取材 / 小林有希 (こばやし・ゆき) 元アパレル・バイヤーの、アート好きフリーライター。ポッキーは2本一気食い派。

UJI CREATE はじめてのお抹茶は、ほろにが…。

不恰好なお抹茶に、
インストラクターの方も苦笑い

5月の緑が萌える茶摘みの時期、お抹茶体験をしました。
不器用な私にも、インストラクターの方が優しく指南してくれます。

お茶は80度を超えると、渋味が強くなってしまいます。
そのため、抹茶の粉を常温の水で溶かしてから、お湯を加えます。

茶筅を立てて粉を混ぜますが、なかなかうまくいきません。
思わず、お椀を支える左手に力が入ります。
抹茶が混ざったら、上の泡を茶筅で撫でて完成。
すると、表面の大きな泡がつぶれ、口当たりがクリーミーになります。

いただく前にお椀の柄が口に当たらないように右手で茶碗を回します
茶菓子の甘さは、お抹茶の爽やかな苦味にぴったり。

しかし、飲み終わった後にがっくり。
茶碗の底に、だまになった抹茶が……。
まさかの失敗?
精進してリベンジしたい!

TOURIST SPOT 地元から生まれる、観光地・宇治の味

かやぶき屋根が見守る
老舗の
抹茶スイーツ

お抹茶体験で、スイーツ欲に火がつき、甘味探索へ。
商店街から平等院まで多くの店が立ちならびどこも大混雑の様子。

かやぶきの屋根の素敵なお茶屋さんを発見。
どうやら150年続く老舗のようです。お店番をしていたおばあちゃんが、優しく話しかけてくれました。

「後ろに生えている松の木も、130年くらい(の樹齢)なんじゃないかしら?(旦那の)おじいさんのときは、着物でお店に立っていたのよ」

ぷりっとした茶だんごに、食感が新鮮な抹茶寒天のあんみつ。
アイスがすこし凍った抹茶フロートもあります。

お孫さんの素敵な笑顔は、おばあちゃんにそっくり。

口に含んだら笑顔が溢れるような、
宇治に伝わるやさしい味。

ごちそうさまでした。

地元と、観光地・宇治の味が
ひとつになった
抹茶豆乳ソフト

商店街を散策していると、裏通りに「抹茶豆乳ソフト」の文字を発見。
はにかみ顔で迎えてくれた、豆腐屋のご主人・松井さん。
店先には豆乳やおからのスイーツや惣菜が並んでいます。

お待ちかねのスイーツは、白い豆乳ソフトに抹茶の粉が、ふんだんにかかった贅沢品です。
豆乳のすっきりとした甘さに、抹茶の苦味もしっかりと効いた大人な味。食べすぎた後でも、ほおばってしまいます。

こちらのお店も、創業約100年の老舗店。松井さんのご家族は、毎朝5時から休むことなく、豆腐を作り続けてきました。

そんなあたたかい地元の味と、宇治の歴史ある味が合わさったとき、ここでしか食べられない唯一無二の味になります。
遠方からのお客さんが、ついつい足を運んでしまうのも頷けますね。

あまりにも美味しそうだったので、
豆乳ドーナッツも購入。

ダイエットは明日から。

ANTIQUE SHOP 宇治をそのままつめこんだような骨董屋さん

「全部おじいちゃんが
拾ってきたものなのよ」

店内には、古布や茶道具、ステンドグラス。
見入ってしまうコレクションは、全部おじいちゃんの拾い物だと、笑って話してくれたのは、創業者であるおじいちゃんの娘さん。
もともと藍染などの江戸古布のリサイクルから始まったお店。
次第に、友人の蔵のものを預かるなどして、骨董品屋に変化したようです。

「もう、おじいちゃんぼけちゃって……。でも死ぬまでお店に立つんだって聞かないのよ。だから私もお手伝いをしているの」

おじいさん手作りの前掛けも「これいいでしょ」と自慢したり、娘さんの表情や口調には、やさしさがにじみ出ています。

お店も、お二人も温かくて、ついつい長居をしてしまいました。
笑いが絶えないひと時を過ごすことができる場所です。

「これはうまい。
お茶の味がしっかりしてる」と
おじいさんの御墨つき!
の地元ポッキー

UJI KNOW 宇治川から知る「源氏物語」の情景

水の量も多く、流れが激しい宇治川。
昔、豊臣秀吉が堤防を建造するまで、町に水が流れ
込むこともありました。川にかかる、朱色の朝霧橋は初夏の緑に映えて綺麗。
散歩道では、青々とした葉が京都の日差しをやわらげてくれます。

TEA UTENSILS 宇治の茶器にかくれた家族の絆

100年越しのバトンを受け、
命が吹き込まれる朝日焼

茶器・朝日焼の窯元さん。400年の伝統を誇るその技術を、松林さんが丁寧に教えてくれました。
魅せられたのは、「鹿背(かせ)」という、鹿の背中の模様のような
陶器。内側の淡い青、外側の模様のはかなさに、目が奪われます。
「孫のために土を掘る」といわれる朝日焼は、100年以上前に掘ってねかせた、宇治の土から作られています。

松林さんの旦那さんが当代15代目。
長男の佑典さんが、日本の伝統技術を広めるプロジェクト「GO ON」に参加され、意欲的に朝日焼を世界に発信されています。

陶器を焼き上げる登窯は、手前から順に火をいれて窯を温めます。職人の情熱は、登窯の火ように、家族の絆と共に受け継がれ、ひとつの大火へと変わっていくのですね。

元バイヤーの血が騒いだとき。
カメラを忘れて
お話を伺ってしまいました。

TEA PLANTATION シートに覆われて、収穫を待つ茶園

収穫期新たな
宇治茶が生まれるとき

小高い山をのぼると見える、一面の段々畑。そのほとんどに黒のシートがかかり、収穫祭がもうすぐであることを実感します。
茶畑に立つと、聞こえてくるのは鳥の鳴き声と風の音だけ。

ここは宇治駅から車で30分ほどの、宇治田原町。
町に茶畑がなじんでいて、「歩いていると茶畑に出会う」。そんな宇治ならではの距離感を味わうことができました。

次はいよいよ収穫祭。

ご協力頂いた皆様 ・株式会社辻利一本店様 ・宇治市観光協会様 ・宇治市市民環境部様 ・京都府茶協同組合様 ・とどう庵様 ・まつい豆腐様 ・時代布小島様 ・朝日焼窯元様

  • 第1回 今は昔 宇治茶がつなげる人々の想い
  • 第2回 #宇治 地元発信の魅力がいっぱい
  • 第3回 宇治茶をみんなのもとへ いよいよ収穫祭

地元ポッキーから地元の魅力をぞくぞく更新中!

宇治抹茶

記事を読む

夕張メロン

記事を読む

信州巨峰

記事を読む

あまおう苺

記事を読む

五郎島金時

記事を読む

佐藤錦

記事を読む

ポッキー公式

登録して、最新情報をチェックしよう!

  • ポキトモ
  • LINE

地元ポッキーをシェア

地元ポッキーをみんなにシェアしよう!